逃走中 真っ先に捕まったやないかーい

10月2日にフジテレビで放送された逃走中を見ました。


内藤大助・・・あと少しだったが、最後は2人がかりで確保
山田ルイ53世髭男爵)・・・しょっぱなに確保
ひぐち君(髭男爵)・・・エリア拡大ミッションに一役買うもその後すぐに確保
鈴木Q太郎ハイキングウォーキング)・・・特に見せ場なくあっさり確保
原西(FUJIWARA)・・・序盤に確保
フジモンFUJIWARA)・・・吉澤ひとみを裏切るも結果的にはおとりになって確保
宮川大輔・・・逃走成功。ミッションも積極的にこなす。
鼠先輩・・・最初はほとんど動かず。途中見つかってあえなく確保
はるな愛・・・自首するつもりで電話ボックスを探していたら、ミッション成功。その後すぐ確保
南明奈・・・最後の方まで頑張るが確保
吉澤ひとみ・・・逃走成功。フジモンに守ってあげると言われたが、裏切られる。結果的には守られた。
石川梨華・・・ミッションで写真を撮ろうと集まってる時に見つかり確保。
misono・・・10分前に自首。
五十嵐隼士・・・100メートル12秒台の触れ込みだったが?見つかり確保

2人の成功者の陰には、はるな愛の活躍?なしには語れません。
さすが、アニキ(笑)
内藤選手はハンターがひとりだけだったら逃げ切れたでしょう。
2人でも逃げ切ってほしかった。

笑う犬2008秋

この番組で初めてソニンを見たんだなあとしみじみ思いました。
葉っぱ隊にはユウキが出てたこともありました。
もしやVTRでソニン出るかなと密かな期待をしてましたが・・・。

そんなわけでブログを久々に書いてみたわけですが、
過去の記事を読み返してみると、
その時の感情と今の感情は随分変わっていることに気付きました。
そしてソニンも歌手から舞台女優へと活動の場を変えてしましました。
舞台女優がダメというわけではなく、歌手ソニンが一番好きです。
コンサートがあれば絶対行きたいと思います。


※当初このブログはソニンだけを取り上げていこうと思ってましたが、
メディア出演が減り、突っ込みどころはソニンのブログのみになってしまったので、
今後はテレビ&ラジオ番組等を取り上げてあれこれ言っていこうと思います。

いちばん暗いのは・・・

ソニン出演の『あゝ一軒家プロレス』のDVDの予約をしに、聖地?秋葉原ヤマギワソフトに行ってきました。予約者先着でトーク&握手会参加券を配るということなので、開店前に到着。日曜だし、最低でも50人くらいは並んでいるかな?とは思ってみたものの、うれしいような悲しいような、20人ちょっとという散々な結果に終わりました。ヤマギワソフトで瀬戸際ソニンってことを痛感させられました。

テレビ誌より

日記レポ

大嫌いな渋谷からすこし北へ移動して行われた大好きなソニンのライブに行ってきました。アストロホールのHPにかいてある通り、竹下通りの人並みを絶妙なフットワークで進み、会場に着くとすでに100ほど並んでいました。しばらく並んで会場時間になってもなかなか前へ進まない。充分時間があったんだから番号順に並ばせて入場させろよ。と、相変わらずの段取りの悪さにイライラしつつ、ボッタクリの500円のドリンク代*1をくれてやり、入場。開演時間まで隅っこで一眠りし待つこと30分。いつものように10分遅れの18:40にようやくスタート。
「LOVE IS ENERGY!」「Hello! 新しい私」とEE JUMPのファースト・セカンドの1・2塁間で始まりました。この2曲はやっぱりいいじゃんダンサーズがいないと今一盛りあがりに欠ける気がしました。3曲目には満を持して「国領」登場。バンドに最も適した曲だと巷で噂されていた通りだと思われたが、一つだけ納得できなかったのが、最後のサビの部分はソニンのボーカルだけで良かったのではないかと。メリハリが大事。4曲目の「合コン後のファミレスにて」ではソニンの表現力がかなりGOOD。正直この曲はあまり好きではなかったのですが、ソニンが完全に自分のものにした感じがしました。5曲目の「好きな人だから」の間奏ではちょっとぐらいはダンスして欲しかったです。そしてついに、6曲目に新曲「心のえさ」がお披露目。ソニンは歌前のMCでは“新曲です”としか言ってなかったので第一印象はつんく♂っぽいなと思いましたが歌い終わって、ソニン自ら、初の作詞・作曲と告白。ここについにシンガーソングライターソニンの誕生です。曲の出来としては、インパクトに欠けるしあまりいい出来だとは言い難いです。これをシングルとして出すのはかなりの冒険だと思うのでやめていただきたい。まあ初めてだし、これからに期待しましょう。
そして9曲目にも新曲「小さな世旅(よたび)*2」がお披露目。こちらはまたスキマスイッチが提供してくれました。この曲は初のドラマのタイアップ曲になりましたとさ。曲の感想としてはこれまた、微妙。カップリングならいいけどシングルとしてはどうでしょう。
そして更に続いて10曲目にも新曲「拝啓、殿様」。この曲が新曲3曲の中では一番出来がいいかなと思いました。最初の印象ではついにヨタロウの曲かと思いましたがジグソーパズルの時と同じくTHETAの作曲でした。(教訓、私がヨタロウだと思ったらTHETAだと思え。)この曲の作詞はなんとソニンです。シングルで出すならこれしかないと思われます。曲調としては椎名林檎が歌いそうな曲と言えばわかりやすいかも。まだ一回聴いただけなのであれなんですが、まあそんな感じです。
アンコール前の最後には「青春のSUNRISE」を歌ったわけですが、この曲に関してはちょっとどうなの?と思ってしまいました。その理由としてはただ五月蝿いだけに感じたからです。例えて言うなら朝礼などでハンドマイクを使い慣れていない小学生がでかい声を出してハンドマイクの効果を逆に損ねている感じがしたからです*3。個人的に歌詞が聴き取れない歌は歌ではないと思っているので、今回はハッキリいって何を歌っているのか分らない。(もちろん私は歌詞は知ってるけど)中には初めて聴いた人もいると思うので*4もうすこし音響も含めて考えていただきたい。折角いい歌詞なんだから、負けんじゃね−ぜと。
今回のライブは前回に比べて比較的落ち着いて聴く事が出来ました。前回はほんと勘弁してくれよという感じで点数をつけるとしたら30点。で、今回は60点。私は自分に厳しく人にはもっと厳しいのでこういう点数になってますが、それもソニンを思ってこそですので、文句や苦情はほどほどにお願いします。

〜〜〜終わり〜〜〜

*1:ドリンクに500円払うのはバカバカしいのでソニンに500円払ったつもりです。もちろんドリンクと交換しませんでした。つまりチケット代4300円のつもり

*2:歌詞にも夜の旅というフレーズがあったのでおそらく夜旅だと思われますが、個人的にはこっちであってほしい

*3:分り辛い

*4:いるのだろうか?

「ソニン LIVE2005 ハート」

  • セットリスト

1.LOVE IS ENERGY!
2.Hello! 新しい私
3.国領
4.合コン後のファミレスにて
5.好きな人だから
6.心のえさ (作詞・作曲:ソニン
7.LOVE YOU
8.ほんとはね。
9.小さな世旅(作詞・作曲:スキマスイッチ
  「一番暗いのは夜明け前」テレビ東京(7月3日スタート)主題歌
10.拝啓、殿様(作詞:ソニン 作曲:THETA)
11.カレーライスの女
12.ジグソーパズル
13.青春のSUNRISE

アンコール

14.化粧
15.あすなろ銀河